車庫証明及び自動車登録業務

自動車に関する業務

車庫証明とは、運輸支局で自動車の登録又は変更をする際に必要となる各地域の警察署長が交付する「自動車保管場所証明書」のことを指します。

下記のような場合には、車庫証明を取得するために法律(「自動車の保管場所の確保等に関する法律」)に基づき、警察署長に対して申請手続を行う必要があります。

・新たに自動車を取得したとき(自動車を購入したとき)
・引っ越し等で住所に変更があったとき
・所有者を変更するとき(自動車の名義変更)

また、車庫証明取得の為には、次に掲げる条件を満たしていなければなりません。

1.自宅(本拠の位置)から保管場所までの距離が直線で2キロメートルを超えない範囲であること。

2.道路から支障なく保管場所に出入りができること。

3.保管場所は自動車の全体を収容できるものであること。

4.自動車の保有者が自動車の保管場所として使用する権限があること

自動車(登録自動車)の場合は、管轄の警察署に対しての車庫証明の申請が必要ですが、軽自動車の場合には、警察署長への届出が必要となります。
(京都府では現在、京都市、宇治市、長岡京市のみ必要)

当事務所では、京都府全域をはじめ全国の車庫証明を主に取り扱っています。

その他、運輸支局においての登録、変更手続等にも対応させていただいておりますので、ご用命の際にはお申し付けください。