相続・遺言に関する業務

遺言・相続全般

遺言・相続全般

遺言書の作成にあたって重要なことは、法的及び手続的に有効なもので、遺言内容を円満に実現することができる実効性のあるものにすることです。

相続手続きは、戸籍関係の死亡届の提出からはじまり、遺言書の有無の確認、相続人の確認、相続財産及び債務あるいは保証債務の調査などを行い、手続を進めていきます。

 

相続

人が亡くなり相続が開始されると、相続人確定の為の戸籍の収集、遺産目録の作成、遺産分割協議など多岐にわたる手続きが必要です。

遺言

死後、特定の人に財産を譲りたい場合、生前に遺言書を作成していれば、相続人間の無用な争いが避けられます。
遺言には、普通方式と特別方式があり、普通方式の遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。 

「普通方式の遺言のメリット・デメリット」
遺言のデメリット 
*当事務所では、これから遺言をしようと考えておられる方には、安全で確実な公正証書遺言を勧めています。公正証書遺言原案の作成から、公証人との調整、証人までトータルにサポート致します。

 証人を他人に依頼する場合は、遺言内容が知られてしまう為、頼み辛いものですが、当事務所の行政書士二人が証人となる為、そのような心配もいりません。

相続・遺言に伴う様々な手続を、サポート致します。お気軽にご相談ください。